ハンド・イン・ハンド募金

12月2日、ユニセフのハンド・イン・ハンド募金を行いました。

 

1979年の国際児童年にはじまり、今年で40回目を迎えたハンド・イン・ハンド募金。誰でもユニセフ・ボランティアとして参加することが出来るこの活動に毎年参加しています。

 

レンジャーとジュニアは青葉台駅、ブラウニーはたまプラーザ駅で募金のお願いをしました。

 

スカウトは事前に、今年のテーマ「すべての子どもに5歳の誕生日を」の意味を考え、何のための募金なのか、どんな事が必要なのか、何が出来るのか等を学びました。

そして、どう伝えたらいいかを話し合いポスターを作りました。

 

チラシを配ったり、大きな声で募金を呼び掛けたり、お金の使い道を説明したり、みんな一生懸命。

人通りの妨げにならないように、しかし沢山の方に声が届くように場所選びも工夫してがんばりました。

 

 

ご協力して下さったみなさま、ありがとうございました。

続きを読む

藤が丘地区センターまつりに参加しました

 2004年に藤が丘地区センター15周年を記念して植樹されたネパール地方原産のヒマラヤザクラ。

 

今では地域のシンボルツリーとなっているこのサクラの開花と共に開催される、藤が丘地区センター祭りに、今年もジュニアが参加しました。

 

 

決まっているのは、二畳ほどのスペースで子どもたち対象のゲームをすること!

小学46年のスカウト達で企画、運営していきます。

 

10月〈お祭り準備集会〉

お客さんはどの位の年齢かな?

何人くるの?

みんなに楽しんでもらうにはどうしたらいいんだろう?

どんな準備が必要でお金はどのくらいかかるのかな?

ボーリングしたい!

輪投げや射的はどうかな?

と、沢山の意見が出ます。

案が多くなればなるほどまとめるのは大変です。

司会をする人、書記をする人、ホワイトボードは書き込みであっという間に真っ黒になっていきました。

 

1118日〈お祭り当日〉

的当てとクジ引きだったはずが…的も球もクジ引きの箱もない。

誰が担当だった?欠席かな?と焦るリーダー。

大丈夫!段ボール箱があるから!!全く動揺せずに準備に取り掛かるスカウト達。

 

開始時刻には準備を整えて、ゲームを担当するパトロール、お隣のおやじの会のブースを手伝うパトロール、お祭りを楽しむパトロール(パトロール=グループ)。

みんな順番に協力して180人以上のお客さんが来てくれた、楽しい1日となりました。

 

 

川をきれいに

毎年恒例の鶴見川流域クリーンアップ作戦に参加しました。私たちの住む青葉区、市が尾付近を流れる、鶴見川の支流の谷本川の両岸のゴミを拾います。

 

お弁当の入れ物や空き缶、一番多いのはタバコの吸殻でした。

ポイ捨ては良くないね~

以前に比べてゴミは少なくなったけれどゴミ袋はたくさんになりました。

 

 

ごみ拾いの後は、谷本川に住む生き物について、教えてもらいました。

スッポン、どじょう、ザリガニや色々な魚が住んでいるそうです。

 

ごみを少なくするために、ブラウニーはポイ捨て禁止のポスターを作成し、掲示してもらうことにしました。

 

 

 

横浜マラソン2018

20181028日に行われた、横浜マラソンのボランティアに79団のレンジャー2人が参加しました。

 

残念ながら去年は台風が接近していたため、前日に中止となってしまったこの大会。今年は晴れて開催となりました。

 

ガールスカウトが行ったボランティアは、給水所での給水サポートです。

 

紙コップにアクエリアスを注ぎ、給水ポイントに並べながら、ランナーの皆さんを応援するというものでした。

 

レース序盤は、招待選手の外国人ランナーなど、私たちのポイントには立ち寄りしなかったため、余裕をもって活動することができました。

 

しかし、時間が経つにつれ、多くの人が給水ポイントに立ち寄りはじめました。作業がどんどん忙しくなっていきました。

給水ポイントに立ち寄る人数と、アクエリアスを注ぐスピードが追いつかず、ランナーを立ち止まらせてしまうこともあり、申し訳なかったですが、「給水ありがとうございます」と声をかけてもらうこともあり、うれしい気持ちになりました。

(参加ランナーは28,000人だったそうです)大会を盛り上げるお手伝いができかな、と思います。

Trick or Treat!

11月の初めの週末、ジュニア5人は1泊2日で足柄ふれあいの村に行ってきました。ガールスカウト日米交流友の会の主催する、ハロウィンキャンプに参加するためです。

 

ハロウィンキャンプは座間、横田、横須賀、厚木にある米軍基地のガールスカウトと、日本のスカウトが仲良くなる最高のチャンスです。

 

 

ふれあいの村に到着すると、79団のみんなはそれぞれのパトロール(グループ)に分かれます。パトロールにはアメリカと日本のスカウトが半数ずつ。

ちょっと(だいぶ?)緊張しながら、英語で自己紹介をしてキャンプがスタート。

 

1日目は日本の実行委員のスカウトが考えたお祭りを楽しみました。いくつかのブースがでて、アクセサリーづくり、どろけい、盆踊りなどを楽しみました。

 

たくさん遊んだ後は、夜ごはん。夜ご飯は日本式で、アメリカのスカウトたちはお箸に苦戦しているようでしたが、みんなで楽しく食べました。

夕食の後は自由時間。おしゃべりをするのもよし、みんなでダンスするのもよし。それぞれ思い思いに過ごしました。

 

2日目。ハロウィンキャンプということで、みんな気合を入れて仮装をして、アメリカのリーダーたちによる、ハロウィンイベントに参加しました。パトロールでハロウィンにちなんだブースをまわります。フェイスペインティングをしてもらったり、ゲームをしてお菓子を集めたり、仲良くなった友達と一緒に写真を撮ったりしました。

 

お昼ご飯はアメリカンスタイル。ジャムやハムのサンドウィッチと、レモネードをいただきました。

 

続きを読む